フットボールって何なんだ?



フットボールと聞くと皆さんは何を思い浮かべるだろうか?
アメフトやラグビーだけではなく、サッカーのこともフットボールという。

フットボールを直訳すると足でボールを蹴るということなのだが、イギリスが起源だと言われている。
それがイギリスの大英帝国の発展と共にさらに世界中に広がっていき、独自のスポーツに形を変えていったらしい。

それだけイギリスが力を持っていたということになるのだが、
今でも英語がこれだけ世界中で話されていることを考えると、イギリスの影響力は計り知れない。

日本人の英語熱は凄まじいものがあるが、そもそも何で英語が世界共通語になったのか、
なんて考えたことはあるだろうか?

これを言ってしまうと元も子もないのだが、「イギリスがケンカに強かった」からである。
つまり暴力で世界を制覇したと言ってもいい。

イギリスの歴史をよく辿ってみれば分かることなのだが、北欧のバイキングの血が流れている。

バイキングは海を渡り、イギリスからアメリカ、果てはニュージーランドやオーストラリアまで航海し
次々に大陸を物にしていったのだから、略奪のエネルギーは凄まじいとしか言いようがない。

つまり世界はヴァイキングによって制圧されたということになる。
もっと詳しくバイキングの歴史を知りたい方は「ヴァイキング~海の覇者たち~」をおすすめする。

暴力シーンが残酷すぎて気分が悪くなるほどだが、ストーリーは眠れなくなるほど面白い。
しかもヒストリーチャンネルを作っている「ヒストリーテレビジョン」が作成しているのがポイント。

史実に基づいているのかと驚くような話がたくさんあり、発見もたくさんある。
楽臭生活の口コミと効果、副作用